オリジナル短編ドラマ 次世代型朗読「真実」

主演

森 一馬

​原作・脚本・監督

山本 真弓(コピーライター)

INTRODUCTION

他類稀に見る卑劣な男の裏にある釈迦のような素顔をスリリングに書き下ろした短編ドラマを朗読に脚本化。40分に凝縮された「時代を越えても変わらない日常?」の物語は、観るものを不可思議な非日常の空間へと誘い出してくれる。

拍手のない舞台

タイムスリップさせられた者は、自分の生まれる前の世界や遠い未来へ、色々な時代に行く事になる。過去では死んだ両親に会い、未来では思わぬ出来事に巻き込まれ、いつしかそこはパラレルワールド。あえて言うなら、前作はそんな作風だった。

 

しかし、今作は、観客と舞台を一体化させる趣向と、タイムスリップする先を「未来」に絞り込み、映像や写真、曲数を減らすミニマムを追求、音読でタイムトリックを実現。

 

それは、106年後に夢を実現させている「今の自分」と、106年前にいる「哀れな今の自分」を、「カラダの表現方法をもたない朗読」で再会させた。

​そして、思わずのけぞる光景、拍手のない「空気」に私は、無表情な赤い唇で軽い微笑を右の頬だけに浮かべた。

見どころ

あなたの目の前でそれが飛び出すと、思わずのけぞるはず。

トークライブ

テーマ「変化と継続」

​ゲスト:主演 森 一馬 監督 山本 真弓

​司会:高橋 ユミ子

インフォメーション

松田 れい

高橋 ユミ子

木村 有紀

​伴 政憲

芸術文化活動事業 READING LIVE 詩音

[監督]山本 真弓

[舞台監督]小西 利和

[助監督]高橋 宏文

[舞台監督アシスタント]春原 明

[映像]遠藤 大樹

[音響]川瀬 大輝

[照明]及川 卓・加藤 賢一

[動画]横内 究・中村 陽一

[スチル]吉田 智之

​[デザイン]元田 岳志

[司会・プロモーション]

高橋 ユミ子

[監督アシスタント/ポスタースチル]

松田 れい

[インフォメーション・秘書]

伴 政憲・木村 有紀

次世代型朗読 「真実」 主演

森 一馬