PROFILE

山本真弓 ヤマモトマユミ

​山本 真弓

HISTORY

 

PLANNING

​1988

​大手化粧品会社広報

COPY WRITER

​2006~

独立→挫折→破壊→渡米→再生

BRAND DIRECTOR
CONTENT DESIGNER

​2012

​コンテツデザイン

CONTENT DESIGN MANAGEMENT
​BRAND CONSULTANT
CULTURAL & ARTISTIC

​2014

​デザイン経営

​ブランドコンサルティング

​文化芸術事業 / 任意団体設立

同志社女子大卒後、資生堂に総合職で入社。美容部員を経て広告制作に従事する中、CMで監督を務めた中島信也に強い影響を受けライターを目指す。多摩美でグラフィックデザインの教授をしていた同師にコンテンツとデザインを学ぶ頃から脚本の世界に惹かれるも軌道に乗せることができず挫折。SNSの投稿からオファを受け渡米した2013年、アメリカの広告制作会社スタッフとして実践で現場を学ぶ。同時期よりコンテンツマーケティングを本格的に習得し、クライアントのブランディングに励んだ2014年、事業をデザイン経営に変革。2019年に閉鎖が決まっていたイギリスHONDAで2017年、有終の美を飾る特別仕様車「「Honda Civic Type R Black Edition」のプレス用PVで脚本を担当、7年続いた自身のどん底をV字回復させる。現在は企業やフリーのデザイナーを対象にコンテンツデザインを制作、提供しながら、企業と個人に思考法や販売導線の設計スキル等の継承を行う。2021年には、8年間個人で続けてきた朗読劇で任意団体を設立、強みを応用した脚本の拡充を図り、文化芸術としてのゴスペル音楽朗読劇で団体の法人化に向け内製の強化に努めている。得意はバイラルコンテンツで、一瞬で気を引く情緒的価値を強みにもつ。キャリアコンセプトは「目立つことより気を引くプロダクツ」

[資格]国際コーチ連盟(ICF)認定 マスターマインドコーチ

 

PROJECT DETAIL

 

01

WRITING

ライター(記事広告 / Web / UX)

脚本(ドラマCM/舞台)

02

DESIGN

コンテンツデザイン(Web・動画・PR)

舞台(演出・監督)

03

CONSULTING

ブランディング

コンテクストマーケティング

PORTS FOLIO

#01 WRITING

 
 

2006年/資生堂

新しい私になって/メイキング/雑用係

中島監督に出会うきっかけになった一作

2007年 / JR東日本

エキナカ / デビュー作

 

#02 DESIGN

2014年/資生堂/SNOW BEAUTY

主演:二階堂 ふみ・星野 源

脚本デビュー作

2017年/イギリスHONDA/CIVIC TYPE-R

プレスリリース用PV/脚本担当

特徴/パラレルワールド/二面性

2014年~今日まで作ったドラマは130本以上、年間20~25本のペースで社会に役立つドラマを提供しています。

#03 CONTEXT MARKETING

 

概要

コンテンツという知的財産をベースにしたコンテクストマーケティング事業

​要項

体験イベントやフェスをブランド戦略から策定し、顧客導線を仕組化した上で、商品・サービスの販売促進や認知拡大を行うマーケティング

​領域

ドラマ(映像、動画、ウェブ、ライブ、脚本)

​取扱

映像コンテンツ、観光コンテンツ、ブランドコンテンツ

​効果

地域活性、コスト削減、ブランド強化、販売および観光促進

​ニーズ

文化財や観光資源の維持と繁栄、企業ブランド拡大

#04 CONSULTING

 

[パーソナル/ジャンル別]

【クリエイター】グラフィックデザイナー/ファッションデザイナー/インテリアデザイナー/建築家/映像プロデューサー/画家/イラストレーター/クラフト作家/お菓子作家/小説家/脚本家/ライター/編集者/翻訳者/同時通訳者/フリーアナウンサー/スタイリスト/ヘアメイクアップアーティスト/ミュージシャン/作曲家/ダンサー/ファッションモデル/タレント/など【文化人】大学教授/ビジネス書作家/テレビコメンテーター/司会者/美食家/など【士業・コンサル】医師/医療法人経営者/弁護士/税理士/地方議会議員/教師/塾講師・塾経営/研修講師/翻訳家/コンサルタント/ヘッドハンター/プロフェッショナルコーチ/キャリアカウンセラー/システムエンジニア/言語聴覚士/保健師/整体師/エステティシャン・美容家/など【経営者】会社経営者/起業家/企業・団体の広報担当者/教室経営者(音楽、料理、インテリア、片付け、クラフト、スポーツ、 英会話、 学習塾)/ショップ経営者/など

[企業/ジャンル別]

【商品】 菓子/飲料/カメラ/宝飾品/アクセサリー/化粧品/アパレル雑貨/玩具・おもちゃ/住宅/など【サービス】クレジットカード会社/IT企業(SIer、WEB制作会社)/病院/学校法人/税理士事務所/百貨店/エステサロン/人材派遣業/量販店/不動産業/建設業/住宅リフォーム業/成型金型加工業/国際協力NGO/など【店舗】 ネイルサロン/雑貨販売/など【他】ブランディングの団体研修 

※実績はお問い合わせ下さい。守秘義務の範囲でご紹介させていただきます。

#CONSULTING STEP

専門分野に特化したスキルを段階的に身につけていきます

 
売れるビジネスの構築の流れ

Vision

巧みなマーケティング脳でお客様の負担を減らす「風が吹けば桶屋が儲かる」を凡事徹底する。

たとえば、おいしさに「喜び」をつくっています。 「おいしさ」というコモディティから脱出するために、​​消費者が求めるモノに必要な体験を生み出します。

何を、ではなく、誰からそれを、を追求します。

山本真弓

2013.02/ブルックリン/ダンキンドーナッツ

 
 
元離宮二条城 ヤマモトマユミ

Mission

本質からブレない柔軟な思考力

クリエイティブな心で夢見た未来をコンテンツデザインの力で「歓喜」を実現し人々の役に立つ。

Value

一瞬で引き込む「没入感」

[コンセプト]

人を動かすデザインで「思わず」を提供する

2018.01/東京 丸の内

 
 

#PROJECT STEP GLOSSARY

コンテンツ事業手順解説

経営戦略、ビジネスモデル、ブランド戦略、マーケティング戦略のない状態で、集客、成約からやる方が非常に多いですが、部分最適では結果が出にくく、投資額が回収できる見込みがないことが多いため、戦略の引き直しからさせていただくことがほとんどです。当然、集客以前にある問題の解決を先決することもあります。「売る」ことと、「買っていただく」ことは違うという意識改革には内政の整備も必要です。古い体質を変えるとか、分かっていることほど難しいのは人間みな同じだと思います。そのためブログでは「戦略」や「デザイン思考」の中で自分でできるセルフコンサルも紹介していますので、セミナー等にお金を使うよりも、まず見聞きしたことを自分でやってみて失敗のパターンを掴んでいくと、やめたほうがいいことが見えてきます。モデリング(真似をすること)とは、成功者の肩書やセリフではなく業態(フォーマット)です。

 

#GLOSSARY

用語解説

コンテンツデザインとは

どのようなコンテンツを掲載するのかといった計画だけでなく、制作、管理といったところも含めてデザイン(図解)し、利用者が求めている情報を利用者の文脈に適した形状で提示できるようにデザイン(設計)する仕事です。

コンテンツデザインにおける利用者の文脈(コンテクスト)の分類は3つ

  1. 具体的に何を求めているか

  2. どのような目的を達成しようとしているか

  3. どのようにコンテンツを消費することを好むか

具体的には?

関連情報へきちんとリンクを付ける、現存コンテンツをリライトして簡潔・明瞭にする、画面に表示されていなくてもメタ情報は記載する等、出したいコンテンツを掲載するのではなく、利用者に適したコンテンツを配信すること。

デザイン経営とは

①企業経営を、理念・ビジョンから、経営戦略、事業戦略、製品・サービス戦略まで一貫して“デザイン”する。②提供するサービスを、顧客の購入前、購入時、購入後の利用、問合せ、サービス継続、周辺サービスの購入などの顧客体験(カスタマージャーニー)に基づき“デザイン”する。③製造する製品のライフサイクル(原材料調達、製造、出荷、販売、購入後の利用、アフターサービス、廃棄など)を、顧客視点から“デザイン”する。

これら①②③を愚直にやり続けることを「デザイン経営」といいます。製品や装飾としてのデザインだけでなく、テクノロジーやビジネスに至るすべてにおいて設計図(デザイン)を柱にするということはすなわち、普段使う私物もボールペンさえブランディングに含まれていくということです。デザイン経営は、経済産業省や特許庁の提唱に基づいた経営概念で、お客様の行動を先読みする経営の在り方です。

デザイン経営の目的・なぜするのか?

上記、①~③を凡事徹底し、高次元で実践している会社がブランド価値を高め、イノベーションを実現し、業績を伸ばしているためです。

デザイン思考とは

ユーザーも気づかない本質的なニーズを見つけ、変革させるイノベーション思考で、デザイナー等の業種に限らず、個人からビジネスまで人生をより良い方向にナビゲートするための思考法です。

山本真弓(ヤマモトマユミ)