バリュープロポジション

超カンタンに言うと

キャッチコピーです。


キャッチコピーとは、

あなたの商品や製品、

サービスを買う理由を

一言で表したものです。



人生なら「理念・信条」

を作る上で大切な

存在意義



存在意義とは、

あなたが誰かにとって

必要とされる理由です。



誰か?は、恋愛観と同じで、

どんな人か?を即答できること。



バリュープロポジションを

作る時に守る条件は5つくらい。



そのうちのひとつが

「曖昧な言葉を避ける」


最高・高品質・付加価値とか。

こんな言葉使っても絶対に売れん。


よく考えたらわかるけど、

自分より優れた人がいることを

誰も忘れてはいけないのです。



自分の得意を「自分はすごい」と表現しても成長しません。


これを人生に置き換えると、

私の料理はすごく美味しい。

私は、絵がすごくうまい、とか。


これもよく考えたらわかるけど、

誰と比べてるの?何様?って話。


これは自信のように見えて、

実は内面に隠す弱さを象徴します。



で、本当に自信のある人は、


私の得意は、料理です。

私は、料理が一番好きです。

私は、絵を書くのが得意です。


こっちのほうが、

上手そうに聞こえませんか?



内心では自分はすごいと

思っているでしょうが、

前者と何が違うのでしょう?


前者は、他人と自分を

比べる癖があるのに対し、

後者は、自分の過去と今を対比する

「習慣」がついているんです。



仮に高品質の言葉を使うなら、

自分の過去を

高品質の言葉の前につけたら

お客様の興味を向けることは可能です。



私の例でいうと、

コピーライターで培った

高度な分析力であなたを支えます。



↑高度っていう言葉は、

私の過去を指していますよね?


誰?とか、どんな人?とか

理想を持つというのは大事です。

他を選ばない選択が即できるから。



昔、周囲が大爆笑したことだけど、

私や私の考えに嫌悪感を持つ人が

私がゴーストした本を読んだあと、


「ほらね、私の考えが正解だったわ」

と、さらに自信がついたそうです。


うまくいってると思い込む人がやらかす

「坊主憎けりゃ」は他にもあるけど、


失敗する人のほうが

圧倒的に成功する確率が高いのは、

プライドを捨てられるからです。



向き合うこと、誤魔化せないこと

観察を続けること。



やるべし!



ヤマモト  マユミ











#バリュープロポジション #坊主憎けりゃ袈裟まで憎い #何を得るかより誰からそれを得るか #何をではなく誰から何を #キャッチコピー #ライバルは他人ではなくいつも過去の自分