好奇心旺盛なのに成功しないのはビジョンが必要だから(成りたいことよりしたいことを薦める)


成功する脳にするビジョンの作り方
好奇心旺盛なだけでは動けません

目次


 

好奇心旺盛な人が成功しない理由



①私は、○になる。

②私は、○がしたい。

③私は、○をする。



この中で成功するのは、③の人です。



①と②は、具体的なデザイン(設計図)が頭の中にないからです。



いろんなことに興味を持ったり、関心が多い人の頭の中は、①と②が非常に多いです。



「好奇心旺盛」と聞くとポジティブに思えるせいか、積極的なイメージを与えるけど、行動しないまま空想で終わることがほとんどです。



そういう私も実は同じです。



新幹線の運転手になりたい、歌手になりたい、宇宙飛行士になりたい・・・


いろんな夢がありました(笑)



結局、「なりたい」というのは、


Wish(夢)であって、


Vision(目標)ではないから


夢のままでは成れないのです。



なので、最初に、「ポジティブとポジティブ思考は別物」だと理解しておく必要があります。



「行動する」という点において、この思考のチェンジが最初です。



物事の手順をすっ飛ばして、ただの思いつきを、ひらめきとか直感とか、あたかも自分に何かが降臨したかのように捉えてしまうと、抽象的なものを具体的に言語化できなくなり、ひらめきとか直感とか、インスピレーションっていう美辞を好むようになります。



この状態を「空想」と言われます。



思いつきは空想から、直感は想像から生まれます。



偶然が3回続いたら、それはまぎれもなく、自分が同じ行動を起こした結果だから、どんな行動をした時にそうなったか?というのを明確にしておくだけでも、ポジティブからポジティブ思考にチェンジしやすくなります。



ポジティブとポジティブ思考の大きな違いは、


抽象的か論理的か



です。



なんとなく好き、


ではなく、



なぜ好きなの?


どこが好きなの?


どうして好きなの?



・・・




みたいに、具体的に言語化する癖をつけることで、ポジティブ思考に自然なっていきます。



なぜ、あの人は私を嫌うの?



ではなく、



なぜ私は、あの人が私を嫌っていると思うの?



たとえば、そういうのが、ポジティブ思考です。


 

思考によって脳は動く




③の「する」という動詞は今度、脳に伝わり、脳がしっかり目標実現に向けて起動してくれます。



逆を言えば、③以外、実際の脳は、目標実現に向けて効果的に起動してくれません。



なぜなら、「思考」が具体的な指示を脳に出さないからです。



やりたい、したい、だけでは、


どうやって?

が脳にはわかりません。




脳は、大小も、強弱も、損得も、善悪もわかりません。



思考が指示を与えてあげないと、脳は何もできないのです。



③の「する」という動詞は、私たちの脳に、強力な指示命令を下し、目標実現させる行動を効果的に生み出すために、過去というメモリを引っ張り出してきます。



いわば、思考は、プログラムだから、常に上書きしておかないと、脳というメモリも古いままになります。




視野が狭いとか、キャパが小さいっていうのは、「脳」のメモリが古いんですね。



それは、思考というプログラムをアップデートしていないからです。



何もしなくても時間は未来に向かう。


デジタルを使いこなせるからいいとか、アナがログ人間だから悪いとかという意味ではありません。




思考を上書きするのに、デジタルもアナログも関係ないので、自分のやり方で、新鮮で正確な情報を常に入れていくということです。



それは、人は情報によって思考が変化するからです。



目標実現のためにまず、自分の脳を目標達成に向けて、「起動する成功脳」に整えてしまうことが重要です。




この時、頭脳や才能は、思考の書き換えにまったく関係しません。



言い換えれば、頭脳(勉強ができる)ではなく、地頭(気づき)を良くするということでもあります。



気づきとは、


「ハッとする」とか、「我に返る」とか、「膝の皿を割る」とか、「目が覚める」とか、「襟を正す」とか、「地に足をつける」とか、そういった状態が、自分の中に起きる。


ということですね。



結果、「考えを改める」という状態が起こり、思考が変化します。


 

思考は自分の価値観に左右される



でも、損得や、勝ち負けで判断する癖があると、この「考えを改める」ということに、ものすごく抵抗感が湧いてきます。



なぜなら、損得や勝ち負けが判断基準にあると、自分が今まで信じてきたことを変えること自体、損した気になるし、負けた気になるからです。




だから、


思考のチェンジの前に必要なことは、自分の「価値観」を洗い出すことです。


価値観とは、自分が大切にしているものをいいます。



大切しているものを判断基準に人は、いろんな事を選択していきます。



たとえば、選べない時というのは、「失敗しないことが大切」だと思っているからじゃないの?ということです。




であれば、失敗の少ない、もしくは、失敗しても損失のないものを選べばいいということです。



たとえば、無料体験とか、お試しとか、レンタルとかですね。



とにかく、思考で大切なことは


動詞

です。



だから、


自分ができる範囲でまず動くことが最も重要です。


思考は、頭の中でおしゃべりしているうちは変わりません。



 

ビジョンは、

人生の意味と方向性を

与えてくれるものです。



それは、

あなたを突き動かし、

そのために問題や障害があっても、

自分を前に進ませてくれる

灯台のようなもの。



ビジョンを生きるとは、

あなたがあなたらしく生きる、

ということです。

 

この記事のアウトラインはこちらになります。




次回は、動詞に必要な「動作」について書いていきます。



この「動作」がないと動詞のまま、ビジョンは現実になりません。



山本真弓


TOP