山本真弓の「幸せの選択」

まずは、好奇心から「気になる」ものを見つけると、今気にしているそれは頭から離れます。さぁ、次の5つならどれが気になる?

誰かにとって特別な存在になりたい

自分らしい生き方、働き方を模索している

努力しているのに望む結果に結びつかない

あなたが本当に行きたいところにお連れします

検索

自分に棲みつく3人の自分をあぶり出せ


ブランド戦略のすべてはセルフイメージからはじまる
相手を傷つける言葉に傷つきたくないのは自分だったよ


自分には少なくとも3人の自分がいると言われます。


①本来の姿

持って生まれてきた気質

もともと備わっている特徴



②セルフイメージ

私はこんな人と思っている部分


明るい⇔暗い

活発⇔おとなしい

おしゃべり⇔無口

社交的⇔内向的

個性的⇔類型的



とかとか...、自分を鏡で見た時、その鏡に映る自分が、鏡を見ている自分にどんな印象を持っているのかということ。



印象や態度、特徴が外から見える言葉は他にも無数にあるんですが、その中で自分は「これだな」と思うものが、セルフイメージです。



③周囲からそう思われている自分

あなたってこうよね、と思われている部分



男性と女性、自分より若い(もしくは上の)世代と同世代、仲のいい人と知り合い、職場の人と家族、異性友達と配偶者(恋人)、自分の父(母親)と自分の息子(娘)等々、同じ属性(セグメント)の中にいる距離感が違う人たちに複数聞くのが一番よくわかります。


この3人の自分が一貫してたら、すごく生きるのが楽しいし、楽しいということは、行動が望む結果を出しやすいということでもあります。

目次


セルフイメージと周囲のイメージが違う場合


本来の自分とは違うセフルイメージと周囲のイメージが同じ場合


他人を意識する本当の目的



セルフイメージと周囲のイメージが違う場合



セルフイメージと、周囲の自分に対するイメージが違うと、本来の自分とセルフイメージは一致してても、本来の自分と周囲の自分に対するイメージが一致することは稀です。



セルフイメージが本来の自分と乖離しているということは、「自分は何者なのか?」が的確に把握できていないということです。



たとえば、「できない私を周囲はできると思っている」とします。



この場合、あなたのできないことが周囲に伝わっていないんじゃなくて、できないと思っている自分は、やればできると思ってるんじゃないの?ということを問われているんですね。



「ノー」と言えない人は、特にこの傾向が強いです。


だからって自分でやってしまうと、周囲は当然できると思います。


この解決策は、できるできないで比べないことです。



誰が良いか悪いか、誰が正しいか間違いか、誰ができるかできないか、という人と比べる自分をやめることです。



甘えたい自分が素直な本来の自分とかってよくあることです。



本当は甘えたいのに、それが出来ない、出せないというのは、周囲は当然、助けてあげたいとは思ってもらえないです。



むしろ、できる人に思われている裏にある、本当の自分が見えていることは多いんだけど、言わなくてもわかってほしいというのは、自分を出せた後で、絆が太くなった後じゃないかな。