自己防御


もし、周囲に「イエス」しか言わない人しかいないなら、自己防御があるということです。
もし、周囲に「イエス」しか言わない人しかいないなら、自己防御があるということです。

​自分を守るその態度が相手を敵にさせている


自己防御とは、「責め来る敵から身を守る!」という意欲(?)を表す言葉です。



人間なんて誰もが防衛本能を持ちあわせています。



それは生き抜く上で必要不可欠です。



必要不可欠なのですが、ここでいう防御は「あなたのその態度が、相手を敵にさせている」というメッセージなのです。



身を守ろう、と思うわけですから、過去にそれなりのことがあったと思います。



ですが、そんな事を知らない人から見れば、その防御の姿勢が「あなたは私の敵ではありませんかね?」と疑われているように感じます。



それを感じた人は不愉快に思い、あなたの元から去るか、その不快感を理由にあなたを攻撃するでしょう。



自分の中に原点となる体験はあると思いますが、それ以降の攻防は「鶏が先か、卵が先か」という感じになってしまいます。



だって、他人にはあなたの原体験なんて知る由もないからです。



そして、防御の態度は自らコミュニケーションを断ち切っていることになり、人からは理解されず、場合によっては争いになるでしょう。



その時に思うのです。



「やはり私は攻撃された」・・・と。



キツイ話ですが、相手に攻撃「させた」とも見れるのです。



本当は何を怖れているのでしょうか。



それを誰かと心から分かち合ったことはあるでしょうか。



誰かを信頼出来ないのは、自分を信頼出来ないからではないでしょうか。



この自己防御の虚しさを後々気付いたときの後悔に私は苛まれてきたので、早く辞めて欲しいと思い記事にしました。



大人のやりとりのなかで起きる攻撃は、深層心理では、相手に攻撃「させている」のです。



相手にそうさせないこともまた愛情です。



山本真弓



TOP

 

 
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
自己防御
自己防御

press to zoom
YAMAMOTO ism
YAMAMOTO ism

人を選ぶ基準とは、束の間一緒に過ごすなら相手に合わせること。近い未来も一緒にいたいなら本気を伝えること。ずっと一緒にいたいなら自分に嘘をつかないこと。そこまでやってダメなら後悔しないよ。

press to zoom
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
1/10

カテゴリー

タグクラウド