ライバルはあなたの中にいる

「勝ち組」に

負けたのは誰?


「負け組」に

勝ったのは誰?


それが誰かわかったら、

両方ともその人たちは、

あなたのライバルじゃない。


だから見なくていい人。

視界から外してください。


競合=ライバル

の本当の意味は、


あなたがいないなら、

あなたが好きな人は

誰を選ぶか?


その人が真のライバルです。


自分をブスだと思う人は、

ブスと付き合いたがります。


要はこれが、

「負け組」に勝ったのは自分

ということです。


ブスがライバルなら

「負け組」に勝ったのは

自分じゃんね?


ということに気づけたら、

自分の自意識が

反応しているだけだと

理解できます。


私が吉永小百合さんを

ライバルにしたって

見向きもされないのと

同じだなww



凧って、向かい風で上がるんだよ


あなたや

あなたの商品がないなら、

好きな人はどこへ行きますか?


それがあなたが行くべき

市場です。


で、あなたにとって

好きな人は誰?


この3つを合わせて

3Cといいます。


市場=

あなたが行く世界


競合=

あなたがいないときに

好きな人が選ぶ相手


顧客=

あなたが好きな人と

あなたを好きな人が

同一の人


この3つさえおさえておけば、

まずマーケティングは

すぐに実践可能です。


顧客が分かりづらいなら、

こう考えてみてください。


あなたやあなたの商品を

好きになる理由は?


美味しいから

優しいから

だとしたら、


どう美味しくて

どう優しいのか

もっともっと具体的に

説明できないといけません。


そしてその人はどんな人?


その「どんな」を

価値観といいます。


この世界には

ないものはないくらい

モノや人で溢れています。


その他大勢に埋もれないで

あなたを選んでもらうには

誰かにとっての一番に

ならないといけません。


#3C #市場競合顧客 #あなたを好きになる理由を説明できるようになること