リベンジするために出会う

昨日から協賛企業向け広告媒体を

決めていました。


リターンが大きいのが、

京都の地下鉄連絡口。


数メートル間隔で立つ柱に

70インチのスクリーンが

迫力の24面で設置されています。


ADビジョンというそれは、

ドラマ広告で流すと人気が高く、

思わず足を止めてしまう。


4週間で帯で巻かれた

諭吉さん(2024年からは渋谷さん)

を使うけど、


朝の4時30分から24時30分まで

リピートされ続けます。

だいたい一回6分くらい。


忘れ物を思い出すときは過去が叶う時


広告って買ってもらうことじゃなくて、

知ってもらうことが目的ですよね。


で、知ってもらえたら?


潜在意識にインプットされるので、

今じゃなくて忘れた頃に再会するのが、

店舗だったり通販だったり、

人からだったり。


ただ直感で選ぶのもありだけど、

思い出したことを選ぶ方が、

根拠のある直感が冴えてくるから、


選択ミスというリスクが

格段に減り続けます。


思い出すって、

あのとき果たせなかった無念が、

叶うということだから。


#忘れ物は自分の中にある #落とし物は違う誰かにあげていいもの #リベンジ