理念が大切な理由

友人同士で起業して うまくいかないとしたら、 「何をするか」が基本にある ことが原因だと言えます。


損得の計算上に活動することが 基本にあるということです。


法人化で組織化された会社なら 当然の基本でしょう。


言葉っていうのは、 なぜ?という疑問をもって たとえば?に書き換え、 つまり、で説得できると、 本質が見えてきます。


この場合もそう。

何をするか?を考えてから 誰とするか?を考えるから 損得の関係ができるのです。


何を→ゴミを捨てる 誰→ゴミ捨てなら嫌

という人が出てくるわけよ。


求人で職種欄があるのは 選ぶ人のためです。


「何を」を基本する法人において 損得の面で公平性は保てない リスクを回避しておくためです。


有名な大企業で 清掃員として働くなら ○○会社で清掃をしている ということだけど、

○○会社に勤めているだけなら どんなイメージを与える?


清掃員が悪いわけじゃなし、 なぜ清掃員であることを 隠したいのでしょうか?


それよりどうして 隠したい職種を選ぶの?


その答えに 隠しておきたい古傷が あるのだと思います。


私がテレビ局勤務と公開したら どんなイメージを与える?

それと同じなのだと思います。



本質とは、素っ裸にしたときに見えるものです

恋愛にたとえると、 その人を素っ裸にして その人を好きかどうか?


人を選ぶときは、 ぜひそこを感じること。


鎧を着ている人とは、 必ずお別れが来る。


私はピンで活動しているから、 「何をするか」より「誰とするか」 を基本にしています。


============== 助ける力をもて。 助けてもらう勇気をもて。 ============== 私の仲間に対する考え方です。


自分の存在意義は、 職業にはないということに 気づいてください。


法人の中にいても 部や課はみんな「誰と」 を基本にしたら支え合えます。


=========== どこへ行くかではなく、 誰と行くか。 =========== by PEANUT(スヌーピー)



#本質 #隠しておきたいことに傷がある #鎧を着ると理解されないことが増える #理念があればブレてもすぐに修正できる #仕事や肩書の中に存在意義はない