今から14年前、昼はコールセンター、夜は料亭の洗い場で、経済的には決して豊かでないながら、忙しくも煩わしさから開放された日々を送っていた。

当時、京都の歴史や文化に触れるうち、食べることや暮らしの道具に意識が向かうにつれ、自分にとって大切なことが見えてきた。

それが誰かの価値観ではなく、自分の軸や尺度で好きと感じる心の持ち方だった。 否定されると、まだ今みたいに「ほっといてちょーだい」と言えるまでにはなかったけれど、確実に『好き』を掴んでいった。

朝、パン屋まで自転車を走らせ、焼きたてのパンを鴨川べりでほおばると、ささやかな日常を豊かに思える出来事が続くように、仕事も暮らしも真摯にコツコツ積み重ねていけるようになった。 なかでも週に1~2度、喫茶店で過ごす時間は、友達がない私の宝島だった。

誘われることもない代わりに、できる自由がそこにあった。

珈琲の味の違いがまだよく分からなかった私は、場の雰囲気を味わうことから始めた。 大人のフリをしたいための「ミルクと砂糖なし」の珈琲。 私にとっての飲み物は、喫茶店という生きた物語の舞台に身を置くための入場券でもあった。 自分なりの好みも知り舌も肥え、それ以来の珈琲通でもある。

生活が苦しかった私にとって、定食ほどする値段の珈琲は、今こそ当たり前になったホテルでのディナー以上の価値があり、本当に贅沢な飲み物だった。

身の丈のままでは成長は止まると、私は今日も継承している。 苦しみの中でも3センチだけ背伸びをする。すると5センチ高い人に出会えるのだ。

週1〜2回しか行けない喫茶店で、まるでその日を待ちわびるようにブログを書いていたら、毎日楽しみに読んでいると言う人が、私の隣にいた。 それは私の身の丈を5センチも上げた運命を変える出会いだった。 その人は、出会う前から出会っていたと言った。

私があの日、身の丈でいいと言えば行けなかった世界は、仕事がなくて困っているライターであふれながら、ライターがいなくて困っている企業が多い矛盾した世界。

それが今、私がいる世界である。 人はどん底を認めたとき、やっと登ることを学びたいと思う。 だから、命を懸けるなら人生だけにしておきなさい。 この日このときは、二度と帰らないから。




ヤマモトマユミ


#運命の出会い #身の丈


オフラインだからつながる、会える、話せる場所がここにある