自分を変えるってこういうこと




今の状態を変えいたとか、

この状況をなんとかしたいとか、

もっと自分を変えたいとか。



性格とか自分のこれまでの生き方とか、

考え方とか人間を変えないといけない

と思っている人が多いけど、


自分を変えるのは、

そんな難しいことじゃないです。



自分の選択を変える。


これだけです。



いつもその考えで生きてる中で、

今「そうじゃない」と否定している

ものに対して、


できませんと言い続けてきたものを

やってみます、というだけです。



行きません、と言ったところに

行ってみるだけなんですよ。




やってみない?

行ってみない?

飲んでみない?

食べてみない?

話して見ない?

書いてみない?

言ってみない?

受けてみない?

遊んでみない?

こっちにこない?




ということが複数回あるなら、

あなたに必要なコトだから

何回も遭遇するわけです。



途中で終わっているものや、

持ってても手を付けていないことに

自分から飛び込まない限り、

そのまま退化の未来が確約される。



なぜなら、

みんな年を取るから。


年を取ったら、

できないことが増えるから。



あなたの周囲も

いなくなる人は増えるから。



宝の持ち腐れだから

当たり前です。



変わりたいと思いながら、

ブレーキを踏んで、

自分が傷つかないことだけを

選んで生きていけば、



あなたを尊敬する人は

あらわれないよ。




今まで否定してきたことを

たった1回肯定して

行動するだけで5分後には

違ったことが起こります。



自分の考えを否定された

と思う人は、


選択を変えると言うことを、

相手の考えを取り入れることが

負けだと思っているからです。



勝ち負けの世界にいたままなら、

自分の考えでなければならない

と思っちゃうのは当たり前です。



相手の考えを受け入れるのは

負けになるから。



ていうことは、

自分は尊敬されたい

わけですよ。



選択を変えると、

性格も生き方も

考え方も人間性さえ、

他人から見たあなたは

変わったように見えるのです。



見えるだけで、

あなたは何も変わっていない。



つまり今までの考え方も

生き方も変えなくていいんです。



ただ選択を変えてみるだけで、

周囲が変わるだけなんですよ。



そこで宝の持ち腐れを出して

自分を全うしてやり終えてください。



そうじゃないと、

また傷つかない方を選択して

生きていってしまうから。



だけど、根本的に自分以外、

自分を傷つける人はいません。


これは不滅の原理です。



自分が外の世界に

傷ついているだけなんです。



であれば、どこへ行っても

傷ついてしまうということです。



自己肯定感を上げない限り、

またあなたは誰かに傷つきます。


あなたが否定して断った世界には、

あなたを傷つける人はいないのです。



「挑戦」という世界には、

あなたより下の人は

いないから。



あなたが傷つくのは、

あなたより下の人に

言われるからだよ。



自分もやればできるのに、

そう思っているかもしれないし、


最初から自分ができないことを

できている人に対して人は

傷つくことはありません。



ピアノも弾けないの?

って言われて、

ピアノが弾けないあなたは

その人に傷つくかな?



ピアノを弾ける自分が

ピアノが弾ける人に下手ね、

って言われて傷つくのなら、



あなたのほうが上手いと

あなたが思っているから

傷つくんです。



選択を変えると、

自分より下が集まる現象がなくなります。


さ、飛び立とう。



ヤマモトマユミ

「輝いた季節へ旅立とう」


たかの友梨ビューティークリニック

CMソング。


美とは、

誰かに勝つためにあるのではなく、

自分を肯定して新しい世界へいくため

ということを聖子はうまく表現した。


当時、エステブームの火付け役となった

同クリニックのコンセプトが歌になったことで、

人気を不動にした詩の力を見た気がする。


1994年12月リリース

作詞:松田聖子

作曲:松田聖子/小倉良

編曲:鳥山雄司