マッチングも自力だよ

昔、私がサクラで

荒稼ぎした『出会い系』は今、

マッチングアプリというそうだ。


昔と違いセキュリティも整備されて、

マジメに出会いを『アプリ』に

求める人が増えた。

そう、人をアプリに求めるのだ。


ということで昨日の相談は、

このアプリ利用者さん。


LINEのやりとりが始まった。

が、話が盛り上がらない。


============

とうとう「そうですね」

くらいしか返せない程

疲れました。

話が盛り上がらなくて疲れたと、

ホントのこと言っていいの?

============


私はこれに答える以前に、

直接関係ないことを聞いてみた。


数ある中でアプリという世界を

選んだ理由は?


その子の答えは「カンタンだから」


で、実際は?と聞いたら、

気を使うから疲れるのだそう。


その子は違う男性からも

いいね?があったらしく、

アクションがあるまで待つべきか?

とも私に聞いていた。




私は仕事柄、

潜在顧客を獲得するために

手間暇惜しむことに疲れないが、

マッチングアプリも

マーケティングも同じで、

最愛の人を見つける手段である。


それにいつも言うが、

自分が愛されたようにしか

自分は愛せないのだ。


ということは、

自分が相手をカンタンだと思えば、

自分は相手からカンタンに扱われる。


したことはされるし、

されたことはしてしまう。

これは自然の摂理である。


疲れたと言えない

断りにくいのは、

疲れたと言いたい、

断りたいのだ。


本心を言えないのは、

申し訳ない気持ちからだろうが、


申し訳ないと思う以前に、

違う男性からのアクションを

待っている後ろめたさが

申し訳なくないのは、

相手には自分が見えないからだ。


それに自分が他ですることは、

相手も他で同じことをしている。

そう!自然の原理である。


マッチングアプリの平均は、

15名の異性と同時進行する

リサーチの統計がある。

ラブホも恋愛市場は儲かる。笑


まとめます。

この子は最初、ピュアな目的で

アプリを利用したと思いますが、


目的の魂胆は相談内容通り、

男で幸せになる意思じゃなく、


男で幸せになれるという

男に自分を幸せにして

もらおうとする魂胆が

カンタンを選ばせたのです。


他人で自分の幸せが左右される

原因を解決した方が

最高に素敵な人に出会います。


#ライフステージ #出会いの場所 #環境を変える #マッチングアプリ #潜在顧客