【第2回/概要2】恐れを解除する「許可とブレーキ外し」


山本真弓・幸せになるということは、恐さを越えるということ
幸せになるということは、恐さを越えるということ

恐れを解除する(1)では、本当にほしいものを明確にしました。



本当にほしいものは、最初、どんな不純な動機でも構いません。



その理由は、下記ブログ内の「動機より魂胆が大事な理由」の項目を読んでおいてください。


また、どうしても、本当にほしいものがわからない場合、


今無条件であなたの願いを一つ叶えてあげると言われたら、一番大きくて実現不可能だと思う願いは何?

を考えて進んでください。


今日は、それを許可できているかどうかを確認します。


それを手がかりに「本当にほしいもの」を捜査していきますね。



「本当にほしいもの」が、頭では許可できていても、心から許可できていなかったら、ブロック外しをする必要があります。



ただし、ここでは、本当にほしいものに対して踏まれるブレーキを外していくので、やりたくないことに対して生まれる「出来ない理由」は、ブレーキじゃないのでやりません。



出来ない理由は、そもそも単なる自分の(不要な)エゴです。


不要なエゴ「利己(うぬぼれ)」は、プライド(みんなにある見栄・体裁)を捨てる作業が必要なので、自己肯定感で扱うレッスンになります。



利己(うぬぼれ)は、ブレーキと言うより、執着ですね。


みっともないとか、恥ずかしいとか、惨めとか、改めてやりますね。



ちなみに、プライドを捨てる時に踏まれるブレーキは、ブレーキ外しが必要です(ややこしいので今は覚えなくてもOK)


言いたいことが言えないのも、不要なエゴになります。


言いたいことが言えないというのを突き詰めると、「悪者になりたくない」というエゴが隠れています。


これも誰にでもあって普通です。


その普通を越えないといけないから、捨てる作業が必要なんですね。



つまり、言いたいことが言えない理由のなかに、ブレーキのレバーが隠されているので探っていきます。



だから、例えば社交辞令で「予定が合えば是非」というのはいいんです。



でも、


「今私は本心を隠した」ということを忘れないでいてほしいのです。


それはまたノートのとり方で説明します。



今日は、とにもかくにも、(1)で明確にした「本当にほしいもの」を手に入れることを許可できているかどうかを確認します。



許可できていないときは、次のブレーキ外しを実際やっていきます。


​アイデンティティの損傷の修復

​能力レベルの損傷の修復

​行動レベルの損傷の修復

​共通してやること:不要なエゴを捨てる


です。



修復も、捨てることも、言い方を変えると「思考の書き換え」です。



アップデート、上書きするという意味になります。



だから自分の考えを捨てるというより、選択肢を増やす作業になります。


 


この時、必要なエゴもあるということを忘れてはいけません。


危険から身を守るものは、正義ではなく、エゴですからね。


エゴがなかったら、人は潰れてしまいます。


たとえば、真面目な人が損をするという話は、よく耳にすると思います。


実際、そのとおりで、要領のいい人のほうが、成果は大きいです。


「正直者がバカを見る」ということわざにも通じる能力レベルの話です。



ビジネスの世界で、「働かないおじさん」という代名詞があるのですが、これは、働いていないおじさんのことではありません。



コツコツ真面目に仕事をしていることは、周囲がみんな認めているのに、仕事中にスマホゲームをしている若者のほうが成績がいいという事実から、そういう代名詞が生まれました。



おじさんと若者の違いは、「要領の良さ」でした。


目に浮かぶ状況だけを見たら、若者よりおじさんの味方になる人もいます。


ですが、結果を見たら、会社の役に立っているのは、若者ですね。


若者は、仕事中にスマホゲームをするというエゴがあります。


だから、時間を作るために勉強したであろうと推測できます。


つまり、エゴのために勉強したということですね。


この場合、おじさんの無意識がもつ「恐れ」とは何でしょうか?


時間に対する恐れです。



つまり、「時間を費やして何も得られなかったらどうしよう」と思うから、結果、成長のための時間を使えないのです。


損得感情ですね。



そのくせ、余計な時間は十分に使える矛盾した状態になってしまいます。


こうして、必要なエゴとは、自分を守ることで誰かが助かる在り方をいいます。



不要なエゴ「利己(うぬぼれ)」は、プライドが高いことを自信だと思いこむので、「自信があるからプライドは高くなる」といった、正しい概念を理解できません。



うぬぼれの能力レベルは相当低いので、時間に対する心理ブロックだけでなく、プライドを守るために、変化に対するブロックが強まり、結果、お金に対するブロックは最強になります。


 

では、早速実践に進んでいきます。



心理的ブロックを外したあと、個人的に習慣にしなければいけない3つの力を補足としてお伝えしておきますね。


​① 自分がどうしたいのかという意思をつき通す力

​② 感覚を言語化する力

​③ 概念化能力


③は特に、物事の本質のフォーマット(定型文)で、無意識にできるまでにならなくてはいけません。


これも、マインドのレッスンで実践していきますね。


その後、ビジネスであれば、売上を獲得するノウハウになります。


では、第2回(2)恐れの解除「許可とブレーキ外し」をやっていきましょう。



会員の方は、赤いボタンから入室してください。




はじめての方は、オンラインサロン「CAREER ENCOURAGE」の概要をお読みになり、是非、ご入会くださいませ。



山本真弓



TOP

 

自分の今までの考えをアップデートさせること
自分の今までの考えをアップデートさせること

 
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
自己防御
自己防御

press to zoom
YAMAMOTO ism
YAMAMOTO ism

人を選ぶ基準とは、束の間一緒に過ごすなら相手に合わせること。近い未来も一緒にいたいなら本気を伝えること。ずっと一緒にいたいなら自分に嘘をつかないこと。そこまでやってダメなら後悔しないよ。

press to zoom
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
1/10

カテゴリー