デブなのにやり手なの、は論理の崩壊


AなのにBを間違うと論理は崩壊する
愛される人ってポジティブよりロジックな人が多い

AなのにB


というフォーマットがあります。



おでん屋なのにカレーが美味しい。

これは、おでんとカレーに因果関係があるので正しい表現です。


実際、大阪第三ビルに賄いのカレーが人気になったおでん屋「おでんばる」があり、ニュースにもなりました。




ですが、


デブなのにやり手なの。



これは、論理の崩壊です。


AとBの間に因果関係がないからです。



ブスなのに頭がいい、も同じです。



デブとやり手も、ブスと頭がいいことも、因果関係はないからです。



そもそも「AなのにB」というフォーマットは、AはBじゃない、という論理が成立します。


つまり、「おでん屋はカレー屋じゃない」ということです。


ですが、「デブはやり手じゃない」というのは、おかしいでしょ?


先入観、主観、固定観念ですよね。



どうしてこんな思考になるかというと、



自分より下を見る癖があるからです。


相手を下げないと上げられない思考癖から来ています。


素直に褒められない理由があるんですね。



①人は見えるものしか意識が向かない。


②人はメリットのある方を選ぶ。



よって、①+②は、下を見るメリットは、自分は変わらなくていい理由になる。


ということです。



上を見たらキリがない。


確かにそうです。



そうですが、


こういう人は、上を見ない本当の理由が他にあります。



それが、「劣等感を感じないため」です。



自分より下を見ているうちは、劣等感は出てこないので、いつまでも自分の中のずっと奥に在り続けます。



日本人の昔からある文化として、「みんなと一緒」があるけど、自分の目に映るものが、自分より下だと思って見ているなら、あなたのを見ている周囲は、「私より下」だと思って見ているということです。



なんといっても、みんな一緒だから。



Aさんのことを「私より下」だと思って見ているあなたを、「私より下」だと思って見ているギャラリー(周囲)ということです。



たとえば、あなたがBさんにバカにされとしましょう。


この時、周囲の人達は、あなたとBさんをバカにして見ているということですね。


こういうのを、「同じ穴のムジナ」といいます。



こうして論理の崩壊が当たり前になると、自分で気づくことは困難です。



人は自分を叱ってくれたり、意見してくれる人の声に耳を傾けられなくなると、おしまいだということですね。


何を言われたか?より、誰にそれを言われたか?で左右されるんですね。


尊敬する人に怒られたら素直になれたりするのが人間ですし。


人間って、そんなに出来た人はいないからね。



言葉というのは、どれも「定義」があるのですが、定義とは、「~とは?」を自分で定めるということです。


言葉を定義するのは、3つの思考法の中にある「意の思考」でやることになり、ビジネスで言えば、コンセプトを作るときに必要な考え方です。

​意の思考

​戦略(目的)を明確にする思考

​情の思考

​人の感情を動かすデザイン思考

​知の思考

​知識を知恵に変えるロジック思考


デザイン思考は、ブランディングとかプロモーションとか、ファンの気持や、コミュでいうと、恋人や家族など、相手のためにあります。



ロジック思考は、自分の成長とか、アイディアとか、スキルアップとか、問題の解決とか、物事を達成するためにあります。


たとえば、人によって美しさも豊かさも、定義するものは違うので、自分の定義は自分で決めてしまうことが大事なんですね。

​あなたにとって、美しさとは何ですか?

​それは、なぜそう思うのですか?


これらを言語化できるフォーマットが、「たとえば」と「つまり」です。


​「たとえば」とは、あなたの経験を語ることです。

​「つまり」とは、経験によって導き出されたあなたの答えです。

このフォーマットに当てはめたものを「価値観」といいます。


人は、価値観に合う人と出会います。




例)

私にとって「美しさ」とは、教養や礼儀が見える立ち居振る舞いです。


たとえば、就職の第一志望の合格率は、普段から「了解しました」という人より、「承知しました」という人の方が高いです。



つまり、普段から言葉の定義を持っている人ほど、他人に与える印象も美しく見えるので、私にとって美しさとは、教養や礼儀が見えてしまう立ち居振る舞いのことをいいます。


誰かを見下さないと自分を上げれないなら、それは劣等感を隠す行為にしかなりません。



それは同時に、誰かの好きなものを否定しなければ、自分の好きなものを主張できないということと同じ論理です。



こういう人たちは、「嫌いの共有」をすることで、劣等感を隠し合うようになります。



人の悪口を言ってるうちは、自分と向き合わなくてもいいしね。




つまり、



誰かを犠牲しなければ成功できないならば、成功や成就という城は、崩壊するということですね。



ヤマモトマユミ



TOP

 

 
YAMAMOTO ism
YAMAMOTO ism

人を選ぶ基準とは、束の間一緒に過ごすなら相手に合わせること。近い未来も一緒にいたいなら本気を伝えること。ずっと一緒にいたいなら自分に嘘をつかないこと。そこまでやってダメなら後悔しないよ。

press to zoom
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
自己防御
自己防御

press to zoom
1/10

カテゴリー

タグクラウド