幸せの選択-8:出逢い

例えば、

今こうして書いている

私の作品群を

誰かが目にして、


ヤマモトなんて

まったく知らない人が

興味を持ったとする。


本屋に足を運んだが

1冊しか在庫がない。


同じような人が隣にいて、

それがきっかけで二人は結ばれ、

子どもを授かる。


そして、何十年か後、

その子供が乗った

飛行機の隣で出会った人と

恋に落ちる。


親に紹介したとき、

出くわした「あれ!?」が、

親の親友の子供だったとしたら?


Any event can bring about an effect in an unexpected way.

If the wind blows the bucket makers prosper.


出逢いとは、すでにどこかで出会っていることの再縁

可能性はとても低い

かも知れないが、

思いもよらぬことから

影響があるとか、


ほんの些細なことが

徐々にとんでもない

大きな現象の引き金になるとか、


ありそうでなさそうな、

なさそうでありそうな、

ありえないことが起こる

という意味である。


つまり、これが「出会い」

の仕組みである。


本当に初めての

出会いもあるだろうが、


多くの場合、過去、

すでにどこかで出会っている

ことの再縁が、


今出会っている

それだと言われる。


だから千里眼を鍛えるのは、

見えないけど確かにあるものを

信じることである。


今それをしたら(言ったら)、

そのあとどうなると思う?


これくらいの千里眼は

誰にだって装備されている。


それこそが見えないけど

確かにある「空(くう)」

といわれるものである。


星の王子様も釈迦も信じる

「空」である。


出会いの源、

自分を磨いた先でしか

出会えないのが

出逢いである。


#空 #くう #釈迦 #千里眼 #出会う前から出会っていることを出逢いという