諦めるとは、身の丈を知ることです。




ほんとうの豊かさとは あきらめる気持ちと あきらめない気持ちの 間にあるものだと思います。

その両方をうまく使いつつ 自分の人生を楽しめたとき、

豊かさやゆとりが 自然と生まれたし、


それは苦しみの中にも ちゃんと生まれてくれました。

苦しさや厳しさの中でも 喜びや感謝が見出せたとき 人は本当の意味で強くなる。

あきらめと、あきらめないは 両方ないとうまくいきません。


少なくとも私はそうでした。



関連記事

諦められないとき、あることをあきらめたらうまくいく























ヤマモトマユミ