失敗する承認欲求と成功する承認欲求




たまに頭のいい社長さんに聞かれる

「No.2の方程式における変数は?」



私の答えは「わかりません」



でも、例えばNO1が技術が得意で、

そういうことをやりたくて、


NO2は(それとは別に)

こういうことがやりたいという得意分野が

明確に違う「事業ドメイン」は

変数が大きい方がいい。



NO1の基本的に苦手なこと・やりたくないことが、

NO2のやるべき仕事で、それが好きなことであり、

得意であるといった違いは成果物を大きくします。



事業と自分の相性というのは絶対あるし、

ビジネスモデルとか、

その事業が自分とフィットするかとか、

NO1や他のメンバーとの相性は、

噛み合わないとチームにもならない。



しかもアイデアだけじゃなくて、

実行レベルで取り組むことは増えるから、

自分の役割を定義しないでできる人。



あとは自分に1個テーマがあった時に、

前に動かして成し遂げることに対して、

強いやる気や覚悟があるか?

得意かどうかということも含めて、

そこを持つことが非常に重要です。



NO1は、ビジョナリー

(先見の明で将来を見通した展望)で

方向性を決めたり新しいことを発見する

役割が一番重要で、


NO2は、どっちかというと、

もっと中のことにも興味を持ち続けられる

人のほうが向いています。



今の組織的な綻びはどこにある?とか、

誰と誰がうまくいってないとか、

いろんなことが起きてくる中の

事業の問題とか課題とか、


今こういう人を探しているとか、

そういうことをずっとやり続ける人です。



NO1は、その組織で誰がどう思っていて

というところまで把握する役ではありません。


NO2はみんなの面倒を見ていけるキャラと、

「ドM」であればあるほど向いています。



結局、No2って、

CxO(役職)の中でも唯一、

専門性が明示されていません。



だから逆に自分のキャリアで

No2をやっていますっていう人ほど、

NO1とうまくいかなくて辞めています。



NO1はキャリアが欲しいわけじゃなくて、

緩和、緩衝、柔軟な人を求めるから。



だから裏方のNO2を褒めるのは、

NO1の一番の役割なのです。

(おだてじゃなくて事実証拠で)



で、言いたいことは

この「承認欲求」

褒められたいと思う出どころ。



ダメだから頑張って努力して、

褒められたいっていうのは、

組織やチームや社会から

認めてもらえないということです。



でも自信がある事をもっと努力して

褒められたいっていう人は、

出来なくても褒められる。



なぜか?


承認されないのは、

褒められたい目的が間違ってるから。



ダメだから認められたいなら、

ダメだと言われる結果になる。



自分がダメだと思うことを

「いいね」って思われたいって、

逆を考えたらわかるはずです。



これまずいけど、

美味しいって言ってください。

っておかしい。



自分がまずいと思うものを

美味しいっていう人が

どれくらいいる?


そっちを探す方が

長い旅になるんじゃないのかな?



じゃ、どうしたらいいのか?



人はまずいって言うけど、

自分が美味しいと思うなら、

まずいという人がどういう人か

調べないと解決しない。


自分がまずいと思うなら、

自分が思う美味しさになるまで



壊しては作り、

作っては壊す。



繰り返し作り続けていく

ということです。



社会性って

この二つから生まれるから。



ダメな自分がダメなら、

ダメになったら

自分はどうなってしまうの?



惨めな自分を見るのが怖いなら、

惨めな自分を見られたくない

っていう自尊心がちゃんとある

ってことじゃないのかな。



だったらその自尊心を出すことが

自信なんだと思う。




この前、私を怖れている人に、

アシスタントの有紀ちゃんが

自分語で代弁したら1往復で解決した。



あなたじゃなきゃ

伝わらない人がいる。



って、これなんだなって思った。



たくさんの人に

認めてもらおうとしたら、

たくさんの人にとって

いい人じゃないとできない。


そんなのダメに決まってるでしょ?


誰か大切な一人に伝われば、

おのずと広がっていく。


NO1になりたいなら、

大切な人のNO1になることを

諦める。



だってその大切な人が

あなたが求めるものを実現する

あなたにとってのNO1だから。



ヤマモトマユミ






ヤマモトマユミLINE公式

オフラインだからつながる、会える、話せる場所がここにある