不満が出てきた日は、ずっとくすぶっていた根っこに向き合う好機
感情は未来を予言しているよ

何かを、差し出す側であれ、

受け取る側であれ、

納得や満足が出来ないでいることを

表しているのが「不満」という感情です。



その、差し出しているものや、

受け取るものそのものに原因はなく、

それ以前の問題がくすぶっていて、

そのものは単なるきっかけなのです。



きっかけを避けることで、

不満感をコントロール出来るかもしれませんが、

くすぶっている根っこは何も解決しません。



もしも今日、不満が出てきたならば、

ずっとくすぶっていた根っこに

向き合う良き日です。


避けていることは、

向き合うまで、

問題は大きくなるから、


・・・


早いうちに「やってしまえ」



トップに戻る

 

 
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
自己防御
自己防御

press to zoom
YAMAMOTO ism
YAMAMOTO ism

人を選ぶ基準とは、束の間一緒に過ごすなら相手に合わせること。近い未来も一緒にいたいなら本気を伝えること。ずっと一緒にいたいなら自分に嘘をつかないこと。そこまでやってダメなら後悔しないよ。

press to zoom
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
1/10

カテゴリー

タグクラウド