山本真弓の「幸せの選択」

まずは、好奇心から「気になる」ものを見つけると、今気にしているそれは頭から離れます。さぁ、次の5つならどれが気になる?

誰かにとって特別な存在になりたい

自分らしい生き方、働き方を模索している

努力しているのに望む結果に結びつかない

あなたが本当に行きたいところにお連れします

検索

自分の方向性がわからない人へ、自分軸の作り方


自分の方向性がわからない人へ・山本真弓
あなたの歌を聞いた人は絆にお金を払うのです

目次


やりたいこととできることが一致しただけでは成功しない


やりたいこととできることでうまくいかない場合





やりたいこととできることが一致しただけは成功しない



たとえば、歌を歌うのが好きというのと、歌手になりたいっていうのは別物です。


踊るのが好きなことと、ダンサーになりたいというのは別物なんです。



好きなことっていうのは、社会性は必要ないから、自分が好きならそれでいいんです。



マイワールド、マイブームでいいんです。



でも、歌が好きだから歌手になりたいっていうのは、社会性が必要です。



つまり、自分以外の何かに成るっていうのは、歌手でも先生でも社長でも、社会が認めなければ、成れないということです。



ブランドというのは、あなたといえば歌手よね、ではなく、「歌手といえばあなたよね」と、周囲が歌手というイメージをあなたに持つ事です。



だから、他者が持つイメージというのは、あなたのやりたいことが好きでも嫌いでも関係ありません。



パンを作るのが好きだからパン屋になる、という図式はよくあるけど、ここに社会性がないと売れないわけです。



好きこそものの上手なれっていうことわざも確かにあります。



それは、好きなことなら努力できるよね、っていう意味です。



つまり、パン作りが好きな人の美味しくないパンより、パンを作るのは好きじゃないけど美味しいパンが作れる人っていうのは、何回か作るという経験をして美味しいパンが作れるようになったわけです。



やりたいことと、できることが一致していて、それが売れるのであれば言う事はないけど、現実は、そういう人の方が少ない。



なぜなら、買う側は、好きなものにお金を払うからです。



つまり、買う側に選ばれないといけないという前提が、やりたいことでできることに加わるわけですね。



それが、やりたいことを仕事にできる大前提だということです。



①やりたいこととできる事が一致している

②1が社会から求められている



この2つが自分の仕事に当てはまることが一番いいわけです。



このことは、何も経営に限った話ではなく、雇用でも同じです。



その会社でしか通用しないスキルは属人化にしかならず、転職したときに通用しにくいということです。



それしかできないことを仕事にしていたら、収入はあがりません。



お金を払う側は、言われた以上のことができる人を求めるからです。



その「言われた以上のこと」が「価値」であり、そこが、収入が上がる理由ですね。




やりたいこととできることでうまくいかない場合