戦わないと勝てないなら、それは負けだということです


小さいまま強くなる
小さいまま強くなる

ミツビシ(商事)の寮を訪ねると、面白い光景を見ることができます。


駐車場にあるホンダや日産は普通。


イオンの社員がヨーカ堂に買い物に行く感じ。


たとえばミツビシ自工の社員が日産の車に乗っているとしたら?



あなたはその社員からミツビシを買う?


それとも日産を買う?


(あなた車買う?)



寮の食堂には、キリンビールが出てくる機械があって、ボタンを押すとアサヒスーパードライがでてきます。



チキンラーメンこそ商事の独占から始まったけど、資生堂、ライオン、ニコン、コニカ、ローソン、ユニクロ、ケンタッキー、ドトール、そしてあの独立系通信会社の老舗も、商事や物産や住商の合併で始まった会社です。


 

価値共創(Co-Creation)



じゃ、ミツビシの親はだれ?


越後屋呉服店を作った三井さん。


三井さんが分離して三菱と住友が生まれました。


越後屋が三越百貨店だというのは有名で、まんじゅうの箱に百両隠すセリフも有名。



越後屋、お主もワルよの~♪



ブランディングでわけると、「人の三井」「組織の三菱」というのも有名。



外から来た優秀な人材が活躍した三井と、新卒採用を財閥本社で一括し、各社に振り分けた三菱は、人か組織かの違い。


だから、キリンビールの機械からアサヒスーパードライが出てくる。



・・・のではありません(ややこしい)



ミツビシの岩崎さんといえば、龍馬の海援隊で経理を担当していました。


ド貧乏の龍馬がどうして高額な武器を仕入れ、薩長に売りつけることができたのか?


グラバーさんというスポンサーがついたからです。



岩崎さんは、竜馬が暗殺されたあと、海援隊と同じやり方の「九十九商会」を作りました。


それがのちの三菱商事です。



オランダに行った人ならわかるけど、東京駅はアムステルダム駅のコピー(模写)です。


大阪で始まった三菱商事の本社は丸の内。



丸の内は、家康の外交交渉員だったオランダ人の家があり、そこに住み込みしていたのがグラバーさんです。


 

経験は歴史を繰り返す



キリンビールは、ミツビシのビール部門の分離ではなく、グラバーの子息が長崎につくった事業で、ミツビシと同じ志で苦楽をともに歩きました。



ミツビシブランドは、家電、自動車以外、消費者が手に取る商品は原則使われずにきました。



帝国ホテルをつくった大倉さんの長男がつくったのは「ホテルオークラ」だし、結局、外部の目を入れないと、裸の王様になるのです。



という事情を知っている人になら解る「キリンビールからアサヒが出てくる理由」は、お客様の喜ぶ顔が、マーケティングの本質だからです。



マーケティングを取り入れた世界初は、外国じゃなくて日本の三越。



それをあの日ミツビシが思い出せていたら、不祥事だって防げたかもしれない。



外注より共創は、透明性も増して、新しい価値が無限に広がります。


 

まとめ



私は、この歴史を知った時、「仁」という言葉が思い浮かびました。


「仁」とは、他人を思いやるやさしさのことで、心が強く、忍耐と決断力があり、素朴と沈黙を兼ね備える様。

ドラッガーの「インティグリティ」を目指す私にふさわしい日本語が、「仁」でした。



この日から私のミッションになりました。



「戦わないで勝つ」ために、その他大勢(コモディティ)に別れを告げる。



迎合や同調圧力に屈しない。



誰かの悪者になって得たものは、大事な人が誰かわかったことでした。



トップに戻る

 

 
YAMAMOTO ism
YAMAMOTO ism

人を選ぶ基準とは、束の間一緒に過ごすなら相手に合わせること。近い未来も一緒にいたいなら本気を伝えること。ずっと一緒にいたいなら自分に嘘をつかないこと。そこまでやってダメなら後悔しないよ。

press to zoom
承認欲求の三重苦
承認欲求の三重苦

最後は相手の不幸を望むようになる承認欲求は、常に人の幸せに左右される人生になるので、当然、主は相手だから、優のあなたは、劣の私を助けて当たり前。善のあなたは、悪の私を許して当たり前。それが叶わない時、承認欲求は、相手の不幸を望むようになります。

press to zoom
自己防御
自己防御

press to zoom
1/10

カテゴリー

タグクラウド