面倒くさいことからやる

洗濯と同じように、 やればスッキリすることは 分かっているのに、 見て見ぬ振りを続けることで 勝手にしんどくなっていた ベランダの掃除。


先日の講義でやりたいことと やりたくないことから 天職をしているか? それは成功するか? 見極めるテストをしました。


主将の私は自宅に帰って ハッ、としました。


やりたくないから 放置していたことで ベランダの掃除があった。


5月にそれはやったのだけど、 長い間、見て見ぬ振り していたのは事実です。


人から見えないところを綺麗にする。

自分磨きには必須項目です。


引き出しの中も、 パソコンのフォルダも、 メールの受信箱も、 下駄箱もアルバムも同じ。


人が見ている時だけ ゴミを捨てたりしても いつかそれは演出だと 習慣は見破る。


経営学では倫理も学ぶから、 実践が習慣になれば、 人徳も積むことができる。


夢は逃げない。逃げるのはいつも自分。


私は時々、倫理を学んでいる人で、 倫理とは程遠い人に出会う。


これも何かを見て見ぬ振りする 私自身を投影しているだけです。


『やりたくないこと』と、 『面倒くさいこと』は、 まったくの別物なんだよ。


面倒くさいからやらない。

これってよくあることだけど、 本当は「やりたいこと」です。


いや、やるべきことなんです。 普段の行いこそやるべきことだ。


そしてそれは、 重要度高めなことが多い。

でも自分のことがほとんどだから、 後回しにしてしまうことが多い。


だから積もり積もって 人のことまで手がつけられなくなる。

そして捨てれない執着と化す。


空気や情報の出入口は 特に人からは見えない。


だから綺麗な自分に 綺麗な人が入ってくるんです。


誰だって汚い人は選ばない。

それだけは確かです。


そこを綺麗にしたら どこが綺麗になる? ハートじゃないの?


理想ばっかり高い人によく会うけど、 理想に似合う自分になることが 先じゃないのかな?


#面倒くさいことからやる #夢は逃げない #逃げるのは自分