女性のあの話

一人で飲食店に入れない人の

ハートを掘り下げてみたら、


飲食は、楽しいものを

他者と共有する場だと

思っている場合が多い。


美味しいものじゃなくて、

楽しいものと思ってるって、

なんかいいよねー!


潜在意識って正直。

私はこういう人に会ったら、

即行で大好きになります。


さて、今日は、

ランチに誘ってもらえない

ある女性について。


その前に重要な登場人物

A男について。


仲良しグループに

連続でランチに誘って

もらえなかったB子さんは、


私にそのことを相談したとき、

横で聞いていたA男さんが

口を挟みにきました。


俺なんか誘ってもらえない

ことなんか一回もないよ。

俺は主要メンバーに入ってるしね。


これを添削するなら、

自分の場合の成功事例やら

失敗事例を教えてあげる方が

非常に!気持ちいい!


なぜならお前の話は

聞いていないから。


人の話を自分の話題に

すり替える行動癖です。


男は無口な方が良い、って言ったのは阿久悠さんだった。

このA男さんは最後に

出てきてもらうとして、

B子さんについて。


私は彼女に聞いた。

いつも予定ありの印象を

与えていないかな?


予定がないときも、

あるように思われてない?


図星でした。

いつも先約があるように

装っていると教えてくれました。

これ、結構つらいと思うの。


人気がないと誘ってもらえない

って変な鎧を着てるのね。


彼氏がいないのに

いるフリをしたら

いつまでもできない。

それと同じです。


今度は私も誘ってね!

と言う勇気を出すことで解決。


さて、A男さんが帰りに

私を食事に誘いました。


予定パツパツなのに

時間空いたんだよね。

メシでもいく?

>行かない。


A男さんの言葉にある

見えない言葉は、

B子さんが隠していた言葉と

ほぼ一致する。

だから出会うんだな。


忙しいとか時間がないことを

常習化させたら、

本当に大切な人には出会えない。


好きな人のためにつくるのが

時間だから。


#俺が私が #人の話を自分の話題にすり替える人 #深層心理