芸術文化活動事業 READING LIVE 詩音

プレミア音楽朗読劇 幸せの選択

ピアノ生演奏・歌

音楽朗読劇「幸せの選択」生演奏 まつうら ようこ

シンガーソングライター

[CM代表曲]サカイ引越センター「輝く未来へ」

[CD代表曲]ブルーローズ・みずうみのうた・他

​[活動]2018年びわ湖ホールにて1,800名を魅了

​[BLOG]ようこばんばらの子守唄

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
実体験から描かれたストレートな歌詞、ドラマチックなメロディラインと表現力、それらを引き出す技術力のマトリックス効果で存在感を確立。

ライブでは、飾らないトークが親近感を与え、人気を不動にしているが、ファン同士のつながりを大切にする人間性が、さらにファンを増やす結果を出している。

彼女のファンになる一番の理由は「身近な存在」・・・。
私はその日、「なるほどな」と思った。私が彼女にはじめて会ったのは、2016年。
びわ湖ホール(中ホール)でのコンサート。
私の嫉妬心に火がついた。

3年リスペクトして、私に出された結論は「一緒にやりたい」だった。
 
彼女は、2018年びわ湖ホールの大ホールを1,800名満席にしたが、私が嫉妬したのはそこではない。
なぜなら、活動を開始してそこに来るまでに彼女は、10年以上要している。

私が嫉妬したのは、入場者が少ないならやらない人がいる中、「1人でも1万人でも同じ」という初心を貫き通す姿に「人間が一番難しいことをヤル人」だと感じたからだ。

 

私は彼女のおかげで世間体という厄介なモノを払拭できた。私は、歌より彼女という人間に惚れて、今舞台への出演をお願いした。彼女は今、全国放送のCM曲や、他のアーティストへの楽曲提供、テレビ、ラジオ出演と大忙しの日々を過ごしているが、それでも彼女は昔と変わらない「ようこちゃん」である。