オンラインサロン詩音倶楽部

会員様メニュー&読者様無料体験

こちらは登録完了後、はじめてお越しになる「無難という出口のない世界」です。しかし、ここまではどなたもお入りいただけるよう門を開けております。扉は怖さを越えるとき開ける前が一番苦しいものですから、体験いただける扉を2つご用意しました。>

さて、登録を済まされた方は、帽子をかぶった主からのメールを受け取られたでしょうか? 2日後までに届かない場合は、こちらから> お知らせくださいませ。

それでは、もう残りの人生三分の一しかございませんので、歯と毛が抜けぬうちに早速本題に入ります。

会員様には、「ずっと選ばれ続けるための潰れないスキル」が、翌月末から定期配信されます。

今回は無料体験版として読者様にもご覧いただけるパーソナルとビジネスの2つをご紹介します。

 

[第1場] ひとり相撲が避けているもの

 

理想が現実にならないひとり相撲が避けているものは「傷つく自分」__ だから自分が安心を得るために好きな人を手段にしてしまう。そして「理想の人になれなくてごめんね」と、幸せが去って行ってしまう。そしてまた「正しいことを間違った動機でやる」事を繰り返す。それは、たとえ気づいても避け続ける間は繰り返す、白髪になっても繰り返す。私は誰かが言ったように、破壊するまで気づけなかった。十五は完全、十六は崩壊、だから一つを隠す、足らない方が続く、それが十五夜、足るを知る、ということだった。

[第1場] 好きなことが仕事にならない理由

 

それは加工していないからです。説明するまでもなく、「社会に求められる」と言うのは、「あなたにお金を支払う相手があなたに求めていること」という言う意味です。「企業が雇用する人材に求めていること」や「市場(消費者が問題を解決するために商品サービスを購入しているマーケット)があるかどうか」と言うことです。人生の4つのパターンは、大きく分けると次の4パターンが考えられており、①好きでもないことを仕事にする②好きなことをして成功できない③成功できないなら損得を考えて無難な快楽を求める④好きなことを仕事にする。誰もがこの中のいずれかを経験して今があるのですが、自分の好きなことは、他者にとって価値にならないから加工しなければ、そのままでは買ってもらえない。だからどうする?という越え方を解説しています。好きな事を見つける手段は、本サロンで実践と実演を行っていきます。

サンプル動画による体験版は、「悩みのメカニズムと、その解決方法」を、オフ会でやった「避けているものの正体」に重ねて綴っています。