それぞれ役割も立場もバラバラだけど、見ている先は一緒。映るのは一瞬でも、そこに込めた情報量の多さが作品を魅力的にする。だから、たとえ数パーセントでも突出した仕事をするために私たちは、持てるパワーをすべて注ぎ込みます。人の心を動かすという原点を胸に秘め、クリエイティブにこだわり続けます。

 

次世代型朗読「真実」の脚本は、そこかしこにコピーライターで培った「グッと胸に響く台詞」が詰まっています。そんな撮影の裏側やこだわりをこのページでお届けします。

真実 大阪公演 メイキング映像
真実 大阪公演 メイキング映像

[動画]横内 究・中村 陽一 [監修]横内 究

結局、「これが正しいでしょ」ってみんながいうラストじゃないな、そういう作風になりました。でも、回を追うごとに増え続けるメンツとは、今までにない血の騒ぎ方を経験。

メイキング裏話

ぎゅっと濃縮したスケジュールのため、体はすでに1日でヘトヘト。

でも不思議なくらい、心はずっとワクワクしていました。

お客様が心から楽しめるドラマには、どんな仕掛けが必要なんだろう?そもそも、私たちはドラマや映画を観るとき、何にグッとくる!?​仕事を離れてもそんな話ばかりしています。

現場にいるすべての人が「面白い舞台を作りたい」ただそれだけに向き合います。

何より難しかったのは「観る人には観る人の価値観がある」ということ。

どんなにおしゃれでカッコよくても、お客さま自身が自分の「匂い」を感じなくっちゃ真実味がない。

自分のもつ分野で最大限のクオリティを発揮しようとする集中力が「やり遂げる力」になりました。

ファン(羽)に付けたLEDが、ファンの回転によって映像や文字が投影される仕組み。ご来場いただいたお客さまの声で、しびれたと言われる方がとても多かった演出は、照明・及川からのサプライズプレゼント。

訪れてくださるお客様に、本当の意味でフィットするドラマを朗読で作りたい。

そんな思いからはじまった、新作というチャレンジ。

終始和やかな現場の雰囲気が、仕上がりにも反映されていたら嬉しいです。

みんなで同じ方向を見て走りきりました。

既にヘトヘトの私は、踊るしかない。

私自身、各部門のプロたちが集結し、集中しながらも和気あいあいと進んでいく現場を存分に楽しんだひとりですが、主演の森さんの言葉からも、この作品に楽しんで参加していただいている様子が伺え、とても嬉しく感じました。

何かを始めたり、結果を変えたい人に私がアドバイスするなら、成功法を習う以前に「3つ」を終わらせておくことです。

波に乗るマインドプロセス
  1. 好奇心や動機を言葉にする

  2. それを周りの人に話す

  3. 「こんな人」とやってみたいという出会いを求める