概要

DRAMATIC

​ACADEMY

「書く」ために必要な要素は、すべての業界に欠かせないコトでした。

​理念

コピーライターの仕事は基本的に、人の幸せのためにある。

ビジネスは、顧客を幸せにするために存在する。

​だから・・・

継続し続ける「ビジネスの仕組み」を構築し、

「お客様の高付加価値」を生み出し続けます。

あなたのファンを作るYAMAMOTOスピリットの概念

DRAMATIC ​ACADEMY

ビジネスは芸術と同じであり、芸術とは、人間に「気づき」を与える。また、同様に、アカデミーとは学術であり、学術は、本質を見抜く「気づく力」を与える。その力は、アウトプットされたとき、自分と誰かの役に立つ。人は、誰かの役に立つものが自分にあると気づくと、自分の価値に気づきます。私は、その価値を高め、顧客満足度を上げてビジネスを広げるプロデュースを行い、あなた自身も底上げします。

私のビジネスは、継続できる力を養うこと。

私の芸術は、本を読む、ではなく、聴くことで気づきを与えること。

​私の学術は、ビジネスと芸術をひとつに表現した「ブランド」を作ること。

私の事業コンサルティングは学術であり、

ビジネス(継続力)+芸術(センス)=ブランドを作ること。

ブランドとは、自分の誇りであり、顧客に信頼を与えるモノです。

原義

稲盛和夫 経営哲学・思考学・心理学・量子力学・国際認定コーチング(マスターマインド)

基台

論理的思考(ロジカルシンキング)で、物事の本質を見抜くことに重点を置く

​ビジネスにおける信条

⼤切にしたい⼈は⼤切にできる時に⼤切にする。

​芸術における信条

たとえ数パーセントでも突出した仕事をするために私たちは、持てるパワーをすべて注ぎ込みます。

人の心を動かすという原点を胸に秘め、クリエイティブにこだわり続けます。

事業方針

企画アイディア(芸術性・感性・個性の発揮)
 

視覚・聴覚・身体感覚を一気貫通させる思考のマイナーチェンジでクライアントの新しい価値を創造してゆきます。古い思考をアップデートして「企画力」を向上させながら、顧客ロイヤリティを生み出し、新しいサービス・商品をクライアントとの共創でつくってゆきます。

マーケティング支援(論理的思考による知的財産の創造と知性の向上)
 

「自分たちで運営出来る仕組み作り」や、「主体性を持って取り組むスタッフ育成」、さらに、ビジネスと人を支援するソリューション提案を目指す企業や個人事業主、コンサルタント、コーチ、カウンセラーなどの士業のための事業支援を、講義や伴走、代行で実装させてゆきます。

さらに、市場開拓を達成するための「リサーチ力」を養ってゆきます。

自律支援
 

ゼミ、セミナー、公演、講演等の実践で、クライアント自身の思考力や想像力、また、企画力やマーケティング力を養い、感性を磨いてゆきます。

事業指針

目標を達成するために「会社・個人の特徴を強みに変える創造性を養う」

戦略から戦術まで一貫した実践を通して、組織力や企画開発力を向上させる。

経営学を通して人間力を底上げし、社会を変える人財を輩出することにいかなる努力も怠らない。

​行動指針

顧客や⾃分の好みではなく、顧客のためになるコトをすべてやれ。

売るな!買ってもらえ!

芸術は、大人の学校だ!

​スローガン

事業概要