40代が後悔している「30代にしておけばよかったこと」

1.

資格取得 45.3

2.

貯金・投資 42.6

3.

語学の勉強 40.2

4.

人脈作り 33.2

5.

健康管理・運動 20.9

6.

遊び(趣味・恋愛) 18.0

7.

​旅行 17.4

8.

​勉強(読書・一般教養)17.3

​9.

​副業(社外の収入) 15.2

10.

家族と時間を過ごす 15.0

11.

転職・起業 12.0

11.

子育てに積極的に関わる 12.0

13.

住宅購入 10.9

14.

結婚 9.1

15.

仕事に没頭する 8.7

16.

社外活動 7.4

17.

特になし 7.0

調査/PRESIDENT Online・gooリサーチ/調査対象:自営業者を除く全国の有職者1986人/回答者:男女比52:48、平均年収431万円(年収500万円未満が77%/平均年齢36.1歳/2018年

40代は幸せと不幸せの分かれ道

40代で一番大事なことは、「40代からもっと幸せになる人とそうでない人」に二極化されるということです。これまでの延長線上を無難に進むか、自分の気持ちに正直な道を選んで進むか。40代という人生の後半を守りで固めるのか、それとも積極的に攻めていくのか。すべては選択次第です。

どちらの道が自分にとって最善なのかではなく、どちらが自分の望む人生なのかということです。人が死ぬ前に最も後悔することが「もっと自分らしく生きればよかった」という故人たちが教えてくれているのは、「自分らしく生きたい人」が一番にやるべきことは、スキルアップの前に自分の棚卸しです。

これまでの自分を一旦きちんと整理して、自分のキャリアビジョン(望む働き方・生き方・なりたい自分など)に合った選択をすることが、最も大切な時期が40代です。遅れれば遅れるほど、人、お金、健康の悩みは増えていきます。

Find us at

  • 山本真弓Facebook
  • 「幸せの選択」READING LIVE 詩音
  • 山本真弓Instagram
  • 山本真弓LINE

CONTACT US

​info@nana-project.jp

© 2012 Nana Project by 幸せの選択. Proudly created with MAYUMI YAMAMOTO.